MTX SPORTS & ARTICULAR CLINIC

再生医療×運動療法で

治るスポーツ・関節医療を目指して

アスリートの競技人生・身体的障害のある方の人生に向き合い、身体の機能改善に取り組んできたMTXだからできる「再生医療」×「運動療法」を組み合わせた医療。医師と理学療法士、トレーナー陣が一体となって、パフォーマンスや痛みに悩む方々に寄り添い、共に解決に向かって進んでいきます。

運動による
スポーツ障害

保険診療では
治らなかった
関節痛

子どもの
成長痛
・運動機能の悩み

SCROLL

アスリートの競技人生・身体的障害のある方の人生に向き合い、身体の機能改善に取り組んできたMTXだからできる「再生医療」×「運動療法」を組み合わせた医療。医師と理学療法士、トレーナー陣が一体となって、パフォーマンスや痛みに悩む方々に寄り添い、共に解決に向かって進んでいきます。

運動によるスポーツ障害

保険診療では治らなかった関節痛

子どもの成長痛・運動機能の悩み

PICK UP

おすすめ

  •                

    MTX式ひざ痛治療プログラムは、ひざの状態をステージⅠからステージⅣの4つに分類し、各ステージごとに適した治療を行うプログラムです。
  •                

    膝の検診案内|膝の検診|関節の痛みなら MTXスポーツ・関節クリニック

    現在の膝の健康状態を評価し、ご自宅で出来る簡単な膝の運動をご紹介する無料の検診を定期的に開催しております。

MENU

症状からさがす診療科目

症状や疾患が特定できない場合は
まずご相談ください

院長メッセージ

再生医療×運動療法で
関節の痛み、スポーツの悩みに
新たな提案を。

私がスポーツドクターを志したのは、私自身が高校時代にアメリカンフットボールの練習中、膝に大怪我を負った経験がきっかけです。
痛みや不安と共に運動を続ける日々の中で、自分と同じような悩みをもつアスリートを助けたいと思うようになり、スポーツ医療の本場である米国に留学し、アスレティックトレーナー(ATC)の資格を取得しました。そこで得た現場第一の姿勢は今も医療者としての根幹に息づいています。

これまで整形外科医として診療をする中で、手術加療を選択せざるを得ない方や、まだ手術に至らないまでも、痛みで苦しんでいる方を多く診てきました。
日本の保険診療は全ての方々に同様の質の高い医療を安価で提供できる一方、海外では認められているような再生医療を含む先進医療を導入するのには非常に時間がかかっているのが事実です。

当院では、最新の体外衝撃波や再生医療の注射を用い、また運動療法も最新器具と一流のスタッフで行うことにより、相乗効果で症状の改善・再発の予防をしてまいります。

MTXスポーツ・関節クリニック院長
富岡 義仁(とみおか よしひと)

経歴

インディアナ州立大学アスレティックトレーニング学部 卒業
富山大学 医学部卒業
東京警察病院 整形外科
2022年8月 MTX関節クリニック開院

資格

日本整形外科学会公認 整形外科専門医
NATA Certified Athletic Trainer
IOC Diploma in Sports Medicine
NASM Performance Enhancement Specialist
CES Corrective Exercise Specialist
SFMA Selective Functional Movement Assessment

帯同

Orthopedic Associates of Hawaii にてDr.Kanに師事
プロゴルファー合宿帯同 (2010, 2014)
都立西高OWLS (2006-present)
楽天NBA Japan Game (2019)
TOKYO2020 選手村、バドミントン、自転車 (2021)
選手村ドクターを日本最若手として勤務
ほか多数

FEATURES

クリニックの特徴

FEATURES

01

再生医療×運動療法

再生医療×運動療法

ONE TEAMでトータルサポート

ONE TEAMでトータルサポート

治療だけではない、リハビリだけでもない。

医師診断・評価の下、理学療法士や経験と知識をもった

MTXトレーナー陣と連携して予防にも取り組みます。

治療だけではない、リハビリだけでもない。
医師診断・評価の下、理学療法士や経験と知識をもったMTXトレーナー陣と連携して予防にも取り組みます。

FEATURES

02

数値化されたゴールに向かう
“終わりの見える”治療プログラム

最初に今の患部や身体の状態を数値化し、その評価を基に目標を患者さんと共に決めます。
次に、目標に向けた最適な治療プログラムを医師が計画し、治療を開始します。
その後も定期的に医師が評価、計画の見直しや調整を行うことで、患者さんの目標達成へと着実につなげます。

治療の流れ

診察

評価・数値化

目標設定

治療・リハビリ計画

治療開始

再評価(計画見直し)

目標達成

FEATURES

03

院長の持つ豊富な知識・経験で
痛みやしびれの根本的な原因を解明

富岡院長はじめドクター陣が、日本のみならず海外で培った経験と、学んだ知識とを活かし、CESやSFMAなどの診察、評価方法を活用して根本的な原因を解明します。
今までどこに行っても治らなかった関節の痛みや体のしびれ等がある方は、一度、診察にお越しください。
※CESやSFMAは運動機能を評価する診断方法です。

医師・スタッフ紹介
FEATURES

04

日本に6台しかない最先端機器
“DDシステム(ddrobotecR)”

人工知能が搭載されたDDシステム(ddrobotecR)。
運動能力を数値化することが可能なため、パフォーマンス向上、再生医療と組み合わせての症状改善に向けたリカバリープログラムなど、多岐にわたって活用が可能です。
その他、当クリニックでは運動機能の状態を評価(数値化)する機器としても活用します。

DDシステム

TREATMENT

治療メニュー